7つの恋愛テクニック 【悪用厳禁】普段の会話で使えてしまう! 詳細はこちら↓
http://happinessmail.com/column/entry07.html

Q. 好きな人がいるのですが、

どうアピールしたらいいかが分からず困っています。

学部の友達なので、

授業で一緒になると普通に喋ったりはしますが、

あくまでも友達という感じでそこから発展しません。

友達以上になるために、

さりげなく使える恋愛テクニックを

教えてください。(大学2年生・男性)

こんにちは。

普段生活をしていて、

好きな人には好かれたいのが人間というもの。

今日はみなさんの恋愛がこっそりうまくいく、

そんな「恋愛テクニック」にをご紹介します。

悪用厳禁でお願いします。

【ダブルバインド】

ダブルバインドとは、

選択肢を2つだして

相手を自分が思っている方向へ

誘導する恋愛テクニックのこと。

具体例

「今度、映画を観に行こうよ!」

と誘うだけでは、断られる可能性が高くなります。

なぜならここでの返答の選択肢が

「行く」か「行かない」かの2つだからです。

そこで「今度の土曜日か日曜日、

映画を観にいこうよ!」と誘ってみます。

そうすると、相手の選択肢は

「行く」か「行かない」の2択ではなくて

「土曜日」か「日曜日」かの2択になります。

ここでは映画にしましたが、

相手の好みが少しでもわかっているのであれば、

なるべく好みの選択肢を含めた

誘い方をするのがいいでしょう。

【ドア・イン・ザ・フェイス】

ドア・イン・ザ・フェイスとは、

大きな要求を断らせて、

小さな要求を引き受けさせる恋愛テクニックです。

まず初めに、

誰もが拒否するような負担の大きな要請をし、

一度断らせます。

その後に、

それよりも負担の小さい要請をすると、

それが受け入れられやすくなるというものです。

人間は大きな頼みごとを断った場合、

その後ろめたさから

「次の頼みは極力聞いてあげよう」と考えます。

そこを利用します。

具体例

「食事にいきませんか?」といきなり誘うのではなく

「一泊二日で旅行でもいきませんか?」 と

いきなり断られる可能性が高い大きな誘いをします。

ここで、まだ気の知れない関係だったら相手は、

ほぼ100%の確率で断ってきます。

断った相手に立て続けに

「だったら今度、食事にいきませんか?」と

本来の目的である小さな誘いをする。

すると、相手は一度断っているので、罪悪感もあって

二連続で断りずらくなるというテクニックです。